ライザップ中にお菓子を食べてもいいの?

ライザップは短い期間で減量を行うことができるというもので、理想的なボディメイク、肉体改造をすることができます。
ライザップは常にジムに通ってトレーニングをするというのではなく、パーソナルトレーニングをすることが特徴となります。計画を立てて、実行し結果を確認して改善するという繰り返しをトレーナーとともに行うことになります。
そのため計画の中でトレーニングが占める割合は低く、食事管理を徹底して行うということにあります。トレーナーが個別にサポートを行って、いくつかあるトレーニングのプログラムの中から特に食事管理を徹底するということです。
ライザップ食事制限に内容としては食べてはいけないものなどリストアップされています。夕食などは糖質を取らないようにするなど、その管理の方法はトレーナーに報告を行うことになります。
目標を達成するためには厳しい管理が必要となります。他にも食事を摂取するタイミングや栄養成分もタンパク質の量などの目安も決められています。
ライザップで行う食事管理ですが、どこまで許されるのか、例えばお菓子は食べていいのかということが気になるところではありますが、結論から言いますとお菓子の種類や摂取するタイミングに制限が入ることになります。
やはりスナック系のお菓子、マフィンなどのお菓子、ケーキ類は制限が入ることになります。逆に食べてもよい食品もあるのでその状況に応じて制限の内容は変化し、トレーナーとも相談することにもなります。